文章をうまく書くコツはストーリーテリングと接続詞を意識して書く

未分類

 

メルマガ、ブログの文章をわかりやすくするには、接続詞を使い構成して行くといい。ストーリーを持たせ書く事も読者さんにグイグイ最後まで読んでもらえる技術が必要になります!

ブログの記事や文章を書くことがうまくなれば読んでもらえる事はもちろん、リストも取れるし、アフェリエイトなどの広告もクリックしてくれる率が高くなります。

 

文章がうまくなる事で得られるメリット

 

  • リストマーケティング(メールアドレスやLINE@などを取得する事)でこの人の読者になりたいと思ってもらえる

  • アフェリエイト(広告収入・グーグルアドセンスやA8NETなどで広告のリンクを取得・自身の媒体にリンクを貼りクリックしてもらったり、商品を購入してもらいお金が入ってくる。)

  • 電子書籍を書いたりできる。

  • ライティング技術が上がれば外注で文章の仕事ももらえる

  • LP(ランディングページなども読んでもらいやすくなり制約率が上がる)

  • LP・セールスレターを書ける事で外注で仕事ができる。

 

顧客に〇〇出させたければ感情200%を活用せよ

 

幼少期は、勉強が嫌いで野球ばかりに明け暮れる日々、常にテストは赤点で補習ばかりでした。毎日22:00くらいまで練習して勉強する時間なんてないんですから笑笑

「接続詞なんて聞いた事すらありませんよ」。。。したがって歳を取ってから無理やり覚えなくてはいけません。いくらAI人口知能が代わりに仕事してくれようが、技術の発達が進んでロボット化しようが、文章をうまく書ける人には叶いません。

 

人の感情の揺さぶり方(ホストに学ぶ)

 

人の心を動かすには、感情を揺さぶるからであります。

例えばホストを例に・女性にお店に通ってもらうようにするためにはどうするのか?

 

・相手の話を徹底的に聞いてあげ、安心させてあげる

・まず心の壁を取り覗き、不安感をまず無くさせる

・相手の壁がなくなったとわかってから、攻めに行くそうです。

 

 

 

感情の振り幅を+100%−100%・振り幅200%にするから女性はハマるそうです)① +2+③で感情の振り子を200%使うそうですよ

 

・最初の壁を取り除く為に話を聞く行為は+100%
(あなたに興味がありますよ)いい男を演じる

電話を全くしなかったりドラマでよくあったような。。。
・気にさせる行為を−100%

 

「振り幅200%感情を揺さぶるので女性はハマってしまうのです。」男性もおんなじですけど笑

 

 

ネットビジネスでは、感情を揺さぶるには、接続詞やストーリーテリング、国語や文法を学ぶ事になります。
文字を書くスキルがないと全くお金にはなりません。だってみてないんだもの!

感情を動かせてないんだから無理な話なんですよねー

 

ライティング(文章)をうまく書くには?

 

  • 本を読む事

  • ブログを継続して書く事

  • はてなブックマークでブログの構成を学ぶ事

  • 人と会話して喜ばせているか?

  • 感情の振り子を意識できているか?

 

接続詞の種類

 

接続詞とは?

近藤
接続詞とは?

 

接続詞(せつぞくし)とは、大雑把に言えば文と文、節と節、句と句、語と語など文の構成要素同士の関係を示す役割を担う品詞のひとつである。

接続詞の

(順接・因果)
「だから」「それで」「ゆえに」「そこで」「すると」「したがって」「よって」

②前の文と対立する内容か、反対の概念を表す(逆説)
「が」「だが」「しかし」「けれど」「けれども」「だけど」「ところが」「とはいえ」「それでも」

③前の文と同列のことを挙げたり、付け加えたりする(並列・付加)

「そして」「それから」「また」「しかも」「その上」「さらに」「なお」「かつ」「および」

④前の文を言い換えたり、理由を説明したりする(補足・理由説明)
「つまり」「すなわち」「なぜなら」「たとえば」「ただし」「ちなみに」「要するに」「いわば」

⑤前の文と比べたり、どちらかを選んだりする(対比・選択)
「または」「あるいは」「それとも」「そのかわり」「むしろ」「ないしは」「いっぽう」「もしくは」

⑥前の文と話題を変える(転換)
「さて」「ところで」「では」「それでは」「次に」「ときに」

 

まとめ

 

 

感情の揺さぶるには、書きながら習得して行くしかありません。

本を読み、ただ読むだけでなく構成を学びながら、ブログを継続して書く事でしか進まないと思います。人と会話して喜ばせているか?画面の向こうには人がいるのだから意識して一つでもいい情報発信をする事ですね!

感情の振り子を意識していきましょ!

 

 

 

コメント