ホリエモンが提唱儲かるビジネス4原則と逆のことをした時の話

 

takayuki
どうも、近藤です。
ブログを読んでいただきありがとうございます。今回はホリエモンの4原則について!

ホリエモンの4原則とは?

ホリエモンの4原則
  1. :小資本で始められる。
  2. :在庫がない(あるいは少ない)
  3. :利益率が高い
  4. :毎月の定期収入が確保できる

このビジネスモデルは、ホリエモンこと堀江貴文氏が提唱する、「儲かるビジネス」の4原則でインターネットを使ったビジネスであればこれが可能なんです。

私は、4原則と真逆のこと【リアルビジネス】をやろうとしていたので、これから副業やネットビジネスを始めようと思っている人には、参考になるのかなと思います。

takayuki
昔、儲かるパン屋さんのお店をやろうか迷っていました。

 

❶小資本で始められる

儲かるビジネス❶小資本で始めるですが、開業する時にかかる初期費用のことです。初期費用が安ければ安いほど、

リスクが少なくすみますが、実際リアルに、店舗をオープンするといくらくらいかかると思いますか?

カフェをやるのが夢だとか、飲食店オープンできたらいいなぁ!なんて考えたことありませんか?

パン好きの人
私、パンが大好きだから、パン屋を始めようと思うんだけど、初期費用っていくらかかるの?

 

takayuki
500万以上かかるらしい

パン好きの人
えー500万以上初期費用にかかるの、、、そんなの絶対無理。。。
儲かるパン屋さんは魅力ですが、500万円以上かけてお店開業ってどうですか?
私は、リスクが高すぎて、怖くなってお断りしました。本当に好きで本気でやるならいいですが、
ただ儲かる】【将来的にやりたい】は、本気ではないので、うまくいくはずがありません。
そして、パン屋を断念し、初期必要の低いビジネスで検索してみると、ホリエモンの4原則に出会いました。

❶-①開業するための事前準備

パン屋をやるための事前準備

  • 初期費用の500万円調達どうすればいいのか?
  • 店舗を借りる費用いくら?
  • 立地のいいところはどこ?
  • 厨房機材はいくらかかる?
  • 店舗の契約料はいくら?
  • 毎月の家賃はいくら?
  • 店舗改装費はいくら?
  • どこでお金を借りればいいの?

takayuki
とにかくわからないことだらけ

実際に、やろうと考えましたが、何から手をつければいいかわからないし、何より借金が最初からあるので、ハードルがすごく高く、不安で仕方なかったです。

takayuki
500万も借りて返せるのか?大丈夫なんかな?

 

こう思っていました。

初心者の陥る失敗例で、最初から、資本を借りて飲食店をやる事はオススメしないです。もし貯蓄があって、開店したとしてもビジネス初心者なので、

どう人を集めて?

どんなものを作って?

最初から初期費用がかかるし、ビジネスなので絶対に儲かるなんてありえないんです。ビジネスで成功していて、資金に余裕がある人はいいと思うんですが、

私みたいな会社員でビジネス初心者は、最初から固定費が大量にかかるビジネスやらないほうが絶対にいいです。リスクだらけです。

しかし、これをインターネットを使えば無料でできるんです。例えばパンを作るのが好きなのであれば、【焼き方】【作り方】をYouTube動画を作って教えて広告収入も得ることもできるし、ブログに書いて広告収入を得るともできます。

電子書籍をAmazon Kindleなら無料で出版だってできるし、コンテンツを作って、美味しいパンの作り方の情報を売ることもスクールもオンラインでできます。

今だったらzoomを使ってオンラインでパンを焼く教室を行っている先生もいます。実際に教室ではないため、

同じ機材を使ってないので受講生の機械の違いがあるので、味のバラ付きは、あるそうですがそこは改善しないといけないと言っていました

ZOOMは、40分以内あれば無料だし有料でも月2000円程度で始められます。オンラインであれば場所を選ばないでできるため日本全国から生徒を集めることもできます。

今後成長するビジネス
コンテンツビジネス(オンライン教育)e-Learningやウェビナー、オンライン講座など、教育事業の場合、2025年までに35兆円ほどの市場規模になると言われています。日本は世界市場の6%なんて言われていますから、日本だけでだいたい2兆円規模になる計算ですね。

リアルをやりたいという想いは、わかりますが資金に余裕ができてからやればいいと思います

takayuki
固定費をあまりかけずに利益をあげることが最も重要なんです!

コンテンツビジネスは、何より初期費用が少なく、最初のハードルがとにかく低い!2025年まで、伸びる市場なので、安価で始められるビジネスをオススメします。

❷在庫がない

まずパン屋さんは、在庫がないビジネスなのか?ですが、在庫リスクがめちゃくちゃありますとにかく、在庫を抱えてスタートなので、初心者には、とにかくハードルが高いです。
    パン屋の在庫
    小麦粉の仕入れ
    その他材料の仕入れ
    その他付随商品
    売残り商品

      パンの材料である小麦粉は、仕入れないと売るものが作れないし、パンだけでは、だめなのでトッピング材料やタマゴ、牛乳、生クリームなども入りますよね。

       

      そして小麦粉は、為替の変動で価格が安定しないので、仕入れ原価が高くなったりしてオススメしないです。パンのトッピングや、牛乳や生クリームなどのその他材料やコーヒーや紅茶などの付随商品も在庫になります。

      ネット在庫

      逆に、扱う商品が情報なので、在庫という概念はありません。サーバーをレンタルしたり、メルマガスタンドをレンタルしますが、形がないので在庫スペースが全くいりません。そして、廃棄ロスがないため、作れば作るほど資産として残ります。気に入らなければ、何度でも作り直しも可能なんです。

      ❶-②配達コストがかからない!

      少し話しが脱線しますが、配達コストというのも意識しないといけません。もし仮にパンの注文が入り、

      今流行りのウーバーイーツで配達するとして、自転車の配達してくれる人に、バイト料をウーバーが払っているので、店舗側もウーバーに対してお金を払います。

      この配達コストもバカにならないので、オススメできません。

      配達コスト
      ネットコンテンツは、配達コストや梱包材料も入りません。URLを送るだけなので配達にかかるコストが全くありません。

      ❸利益率が高い

      パン屋の利益率?
      小麦粉の仕入れ
      その他材料の仕入れ
      その他付随商品
      売残り商品
      パンを作るにも、原価と言って、パンを作るための材料を仕入れたりしないといけません。原価がかかる分利益率も悪くなります。
      利益率が悪い分、「売れなかったり」「材料の値上げ」「消費税」などもですが、テナント賃料や毎月の光熱費などの固定費が馬鹿になりません。

      takayuki
      具体的な、固定費はわからんけどネットでやるより高いと思うわ

      ネットの固定費だと

      サーバーレンタル代:月500円(年6000円)メルマガ月3000円(年36000円)
      ポケットWIFi代4500円(54000円)
      電気代はわからないです。
      年間の固定費は10万もあればお釣りがきます。
      PC1台とスマホと通信環境があればどこでも作業ができるので、場所を選ばなくてもいいし、コロナ期間でも自宅で誰にも合わずに作業ができるので、会社に行って上司に怒られたりすることもありません。
      WIFIも自宅で作業するなら、ポケットWIFI代はいらないので54000円浮きます。

      ❹毎月の定期的な収入がある

      パン屋は毎月定期収入?
      パン屋は、お店に来てもらって商品を購入してもらわないといけないので、毎月定期収入は入りにくいかなと思います。天候に左右されやすい印象があります。【私の主観的な意見】

      先程、画像の英会話ですが月額990円〜マンツーマンで授業が受けれます。

      PCやスマホ、タブレットから気軽に受けられるが売りなので、自宅にいながら語学を低価格で学べるので、塾生が辞めない限り毎月定期収入が入ってきます。

      昔であれば、塾まで行って勉強していましたが今はオンラインで授業が受けれるので自宅で完結できます。

      毎月定期収入
      インターネットだと、通信と端末が有れば受講することができるので、わざわざ現地に行かなくてもいいし、受講生限定ライブ配信や動画コンテンツやオンラインサロンなども毎月定期収入になります。
      おすすめの記事