エビングハウスの忘却曲線とは?

 

エビングハウス先生
人間は、忘れる生き物なんだよ!

エビング先生の一言

エビングハウス先生がいうには、今勉強したことが、人間の記憶は、20分で42%!24時間で66%忘れるというデーターがあります

takayuki
今勉強している事も、20分後42%.1時間後56%.24時間後66%わすれるとデータがあります。
習ったことを1度や2度見たり聞いたりした事は1日たてば66%忘れるし、脳の構造上、記憶に定着しにくい構造になっているので、これを覚えたいと思ったら適当にやるのではなく、全力でやってくださいね

動画講義

動画講義

記憶に定着させるにはどうすればいいのか?

記憶を定着させるためには答えは、簡単です【反復】【復習】をすること!【そんなことは誰もが言っている】のでわかってるよ!と思うかもしれませんが、脳みその構造上がそうなっています。
では、脳科学の観点からも反復が大切なことを深掘りしていきます。

takayuki
脳で記憶する部位が2つありますその部位は、

 

  1. 海馬
  2. 側頭葉

 

この2つが記憶を司る部位なのですが、お互いの機能を知っておくだけで、

海馬

 

海馬は、短期記憶の脳と言われ、直近の記憶を貯めておくことができる部位で、どうでもいい情報は、2週間くらいですぐに忘れるようにできています。

なので、1回や2回勉強した内容は、海馬に貯まらないので、頭の中に残らないようになっています。

容量が小さいため、忘れないと記憶がいっぱいになってしまい、脳みそがオーバーヒートしてしまうのです。

 

takayuki
海馬は、一時的に貯まるけど忘れるようにできてんのか!

 

側頭葉

海馬は、短期記憶の脳と覚えておいてくださいね。では、短期記憶を長期記憶に変えるには、継続や習慣にしてやる事なのですが、脳の側頭葉に貯まると長期記憶になります。

側頭葉は、長期記憶の脳と言われていて、何度も何度も繰り返し覚えることで、記憶に定着できる部位になります。

こちらは、ちょっとやそっとでは、忘れません一度側頭葉に入るとしばらく勉強しなくても、少し復習するだけで、思い出すことができます。

takayuki
本当に大切なことは、何度も復習することで、側頭葉に記憶が貯まるのです。

まとめ

エビングハウス先生が提唱している記憶は24時間で66%忘れるんだよと言っていることを理解してください。そして、脳の構造上を理解することで、記憶に定着しやすくなります。

【海馬】と【側頭葉】をうまく使うようにしてくださいね!

脳みそをフルに使って習慣化して誰にも真似されないスキルを手に入れくださいね!

おすすめの記事